敏感肌・ニキビ肌・乾燥肌さんにも◎ハチミツスキンケア

スキンケア

とっても身近な甘味であるハチミツ。

身体に良い、美容に良い、というイメージを漠然と持たれている方も多いのではないでしょうか。

今回は、敏感肌や乾燥肌、ニキビ肌に悩んできた中でシンプルなケアに惹かれた私が気に入っている、ハチミツスキンケアをご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ
  • 乾燥肌に悩んでいる
  • なんとなくお肌の調子が悪い
  • ナチュラルなスキンケアに興味がある
私の肌質

乾燥性脂性肌 / 敏感肌 / ニキビ肌

スポンサーリンク

ハチミツでスキンケア?

ハチミツでスキンケア?

ハチミツでスキンケア? と思う方もいらっしゃると思います。

食べて美味しいハチミツは、食用のイメージがとても強いですよね。

ですが、ハチミツの用途は食用だけにとどまりません。

種類によっては強い殺菌作用を持ち、治癒力に優れているものもあります。

健康効果が高いと言われるマヌカハニーには、なんと医療グレードの製品まで存在するそうです。

ハチミツの効果

大まかに以下のような効果が期待できます。

  • 保湿効果
  • 殺菌効果
  • 抗炎症作用
  • 抗酸化作用

実際にハチミツスキンケアをしてみると、最初に高い保湿効果にとにかくときめきました。

また、殺菌、抗炎症作用があるため、お肌の調子がまんべんなく整う実感があります。

ハチミツスキンケアの注意点

効果が高く、とてもおすすめしたいハチミツスキンケア。

ですが、以下の項目に該当する方は注意が必要です。

  • 1歳未満の乳児がいる
  • アレルギー体質である

1歳未満の乳児がいる

ハチミツは栄養価が高い素敵な食品ですが、腸内環境が整っていない乳児にとっては危険な食材です。

食中毒のひとつである乳児ボツリヌス症の原因として挙げられており、便秘、ほ乳力低下、元気の消失、鳴き声の変化、首のすわりが悪くなる、などの症状を引き起こすことがあります。

1歳未満の乳児がいるご家庭では、お子さんの口に入らない環境でハチミツを使用するようにしてください。

アレルギー体質である

ハチミツの原料になる花は様々。

蕎麦、りんご、ごま、アカシアなど、アレルゲンとして挙げられる花の蜜から作られている場合もあります。

これらのハチミツをアレルギーを持つ方が使用すると、アレルギー反応を起こす可能性が。

また、残念ながらハチミツ自体がアレルゲンという場合もあります。

心配な方はアレルギーのチェックを行ってからご使用ください。

市販のハチミツ入りアイテム

市販のハチミツ入りアイテム

ハチミツをスキンケアに取り入れるといっても、そのままのハチミツをいきなり使用するのはハードルが高いかもしれません。

まずはハチミツを配合した製品を使ってみるのがおすすめです。

I’m From Honey Mask

I'm From, Honey Mask, 4.23 oz (120 g)

とってもお気に入りのフェイスマスク。

乾燥肌にはもちろん、なんとなくお肌の調子が悪いな、というときにぜひ使ってほしいアイテムです。

こってりとした滑らかなテクスチャで、体温で柔らかくなります。

天然ハチミツが38.7%も含まれていて、お肌をしっとりと保湿し、もっちりとぅるんとした滑らかな質感にしてくれます。

しっかりとしたハチミツの香りも心地いいです。

19分から最大1時間で洗い流す、と記載があるくらい長時間塗布しておくアイテムなので、入浴中の使用がおすすめです。

山田養蜂場 マヌカハニークリーム

加熱処理されていない生のマヌカハニーを使用した、山田養蜂場の「Manuka Honey」シリーズ。

この保湿クリーム、実はもう4つ目を開けたリピートアイテムです。

伸びと馴染みが良くベタつかないテクスチャと、しっかりもっちり肌にしてくれる保湿力がとにかく魅力的。

マヌカの葉や枝から採取できるマヌカオイルも使用されていて、とっても爽やかな香りも癒されます。

「Manuka Honey」シリーズからは、こちらのクリームの他にクレンジングバーム、ローション、エッセンスジェルが販売されています。

山田養蜂場 はちみつ石鹸

植物油脂100%、無香料、無着色、無鉱物油、防腐剤無添加で、敏感肌の方でも安心して使いやすい石鹸です。

ハチミツとローヤルゼリーを配合し、しっとりとした洗いあがりになります。

無香料なので、香りも石鹸らしいほのかな優しい香りがします。

CNP Laboratory PROPOLIS ENERGY AMPULE プロP セラム

こちらは厳密にはハチミツではないのですが、ミツバチが巣を守るために使っているプロポリスという成分が含まれています。

プロポリスは抗酸化と保湿に効果のある成分で、肌を健康にしてくれる力があります。

外からお肌の調子を整えつつ、肌の持つ本来の力を高めてくれるので、使い続けているとお肌の調子が良い日が自然と増えてくれる感じがします◎

ハチミツをそのまま使用する

ハチミツをそのまま使う

最初はハチミツ入りのアイテムを選ぶのが失敗しなくておすすめですが、ハチミツをそのまま使ってできるケアもたくさんあります。

簡単なリップパックなどは、今お家にあるハチミツですぐに実践できておすすめです。

ハチミツを選ぶポイント

ハチミツが販売されるまでに行われる加工(精製、加熱、加糖など)は、ハチミツ本来の酵素を損なってしまう場合があるので、できるだけ純粋なハチミツである方が、強い効果を発揮します

とはいえ、「ちょっと試しにハチミツを使ってみよう……」と思って、いきなりお値段のするハチミツは購入しにくいので、まずは以下のポイントを押さえてみてください。

  • 加糖でないか
  • 非加熱であるか
加糖でないハチミツを選ぶ

処理の過程で水あめなどを加えたハチミツもあります。

こういったハチミツは、ハチミツの濃度が薄まってしまい、本来の効果を得ることは難しいです。

非加熱のハチミツを選ぶ

熱処理をすることで、ハチミツに含まれる様々な酵素の働きが弱まってしまうため、過剰な熱処理をしていないハチミツを選ぶのがおすすめ。

ハチミツ自体の温度が40℃を越えない処理は問題ないので、結晶化した際は湯銭で優しく溶かしてあげてください。

私が今使っているハチミツ

MieliziaのハチミツはEUオーガニック認証を取得しています。

何も加えずすべての工程を低温で扱い、ハチミツ本来の風味や香り、栄養価を保って販売されている純粋ハチミツです。

こちらは容器も便利なので、スキンケア用にハチミツを探す方には特におすすめ。

フタを下にして立てられ、口も液だれせずピタッと切ることができるボトルで、とっても扱いやすいんです。

こちらは甘露蜜という種類のハチミツですが、同じボトルで馴染み深いアカシアのハチミツも販売されています。

ハチミツを使ったスキンケア

リップパック

ハチミツでリップパックをすると、乾燥が抑えられ、プルンとした唇になります。

口に入っても苦くないのも嬉しいポイント。

とってもお手軽なケアなので、ぜひ試してみてください。

手順
  1. 唇にハチミツを塗る
  2. 唇に密着するようにラップを付ける
  3. 5~10分程度置いてラップを外す
  4. 唇をぬるま湯で洗い流す

手作り化粧水にひと匙

ティースプーン1杯を手作り化粧水に入れるだけで、保湿力がアップ。

加えて、ハチミツ由来の殺菌作用や抗炎症作用で、お肌の調子を整えてくれます。

殺菌作用が高いといっても手作りで防腐剤が入っていないのは同じなので、変わらず早めに使い切ることを心がけてくださいね。

また、肌に合うかどうか不安な方は、手元で化粧水とハチミツ1滴を混ぜて使用してみるのもおすすめです。

洗顔にプラス

洗顔にハチミツをプラスすると、いつもの洗顔料の洗いあがりがしっとりします。

手順
  1. 洗顔料をしっかり泡立てる
  2. ハチミツを1~2滴加える
  3. いつも通り洗顔する

フェイスパック

お肌の保湿と同時に、調子を整えてくれる効果があり、しっとりもっちりしたお肌になります♡

夜のスキンケアに取り入れてしっかり調子を整えるのも良いですし、朝メイク前に行うとメイクのノリが良くなりおすすめです

手順
  1. ハチミツを大匙1杯くらい手に取る
  2. オイル(ホホバオイルやマカダミアナッツなど)を2滴ほど加えてハチミツと混ぜ合わせる
  3. 肌に塗り、5~10分置く
  4. ぬるま湯で洗い流す

ハチミツをスキンケアに取り入れる

ハチミツをスキンケアに取り入れる

私は超敏感肌で、乾燥肌やニキビなど、肌荒れに悩んできました。

荒れないことを第一に考え、シンプルな材料でてきたスキンケアを求めていた時に出会ったのがハチミツスキンケア。

特にリップケアは、お家にあるハチミツで今日からでも試してほしいお手軽さです。

試してみてハチミツがお肌に合っていたら、ぜひいろんな方法でハチミツを使ってみてくださいね。

参考

医療用グレードのハチミツの話や、食べるだけ、美容だけでなく、生活のいろんなところにハチミツが使えると教えてくれた本です。

語り口が柔らかく楽しく読めるので、気になった方はぜひ手に取ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました