【水を使う】お肌に優しい水

スキンケア

こんにちは! いらです。

先日は飲む水についての記事をアップしましたが、今日は普段洗顔や入浴に使用している、肌に直接触れる水についての記事です。

スポンサーリンク

水道水について

水道水について

多くの方がご存知の通り、水道水には塩素が含まれています。

純粋な水(H2O)は無機物で、科学的には腐ることはありません。

ですが、水道水は雨水などをダムに貯水し、浄水場で処理されて、水道管を通って私達の元に届きます。

その過程で、いろんな微生物や雑菌が水の中に交じっていきます。

水が腐るというのは、水の中の微生物や雑菌が腐ってしまうということなのです。

塩素は、微生物や雑菌を死滅させたり、腐敗を遅らせる効果があり、安全な水の供給にとっても重要な役割を果たしています。

塩素による肌への影響は?

塩素による肌への影響は?

水道水に含まれる塩素の量は、人の体に影響がないように法律できちんと定められています。
ですが、私のように敏感肌だったり、肌トラブルがある場合は、お肌のダメージの原因になることも。

水道水にとって重要な塩素ですが、実は肌や髪のもととなるタンパク質を壊してしまいます。

これにより、肌のバリア機能が低下してしまい、以下のような問題点があります。

  • 保湿力が低下し乾燥しやすくなる
  • 刺激を受けやすくなる
  • 細菌が侵入しやすくなる

感想や刺激は肌トラブルの大敵。

敏感肌だな……
スキンケアの効果がなかなか現れない……

そんな方はもしかしたら塩素の影響を受けやすいのかもしれません。

バスタイムの塩素に注目

バスタイムの塩素に注目

一日の中で一番水道水に触れている時間はバスタイム。
髪、身体、顔を洗う、湯船につかる間、長時間塩素に触れることになります。

また、塩素は25度の温度で気化します。
入浴の際は38~40度程度のお湯を使用されていると思いますので、直接肌に水が触れていなくても、気化した塩素が肌に触れたり、呼吸や皮膚呼吸によって体内に入ってしまいます。

ですが、お風呂の塩素は結構簡単に除去できるのです。

浄水機能付きシャワー

浄水機能付きシャワーを使えば、シャワーからの塩素を除去できます。

「日本アトピー協会推薦品」というマークがついているものがいくつかあるので、その中から選ぶと安心です。

私は東レのトレシャワーを使用しています。
随分前に買ったので型番は違いますが、今の方がすっきりとしたヘッドになっていますね。

トレシャワーのお気に入りポイントは、簡単に浄水と原水の切り替えができるところ。
お風呂掃除には原水を使って、入浴時には浄水を使っていいます。

入浴剤で塩素除去

塩素はビタミンCで中和できることが知られています。

いろいろ出てきますが、以下のような浴槽用脱塩素剤がおすすめ。
匂いや色がないので、他の入浴剤と併用して楽しめます。

脱塩素も選択肢の1つに

脱塩素も選択肢の1つに

私も長いこと敏感肌、肌荒れに悩んできましたが、塩素の影響の大きさを実感しています。

浄水器付きシャワーも長く使っていますが、カートリッジ交換が遅れたりするとやはり肌が荒れますし、浴槽用脱塩素剤を使い始めてから、背中の乾燥が依然よりぐんとましになりました。

心当たりがある方は、ぜひ早めに試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました