【お肌・身体の健康に】加湿器、使ってる?

スキンケア

寒い冬。まさに今は乾燥の季節。

ご存知の通り、お肌にとっても、乾燥は避けたいものですね。

冬という季節自体が湿度が低く、寒いので暖房を使うため、乾燥は避けては通れない問題です。

また、寒い季節は血行や代謝が悪く、皮脂や汗が出にくくなります。
そのうえ乾燥した空気が肌の水分を奪うので、肌はカサカサに……

スキンケアによる保湿ケアと合わせて、ぜひ取り入れてほしいのが加湿器です。

スポンサーリンク

加湿器は必要?

加湿器は必要?

スキンケアによる保湿だけじゃ足りないの? と思う方もいるかもしれません。

クリームやスキンケアによる保湿は万能ではありません。

特に今年はほとんどの人がマスクを着けていて、保湿クリームなどが摩擦によって取れてしまうことも。

保湿クリームは保湿だけでなく、様々な刺激を防止するのに必須ですが、合わせて加湿器を使用することで、より長く乾燥から守ってくれます。

また、加湿器の利用は健康にも◎

乾燥器を利用して空間の湿度を上げることで、お肌だけでなく、目や鼻、口など粘膜の乾燥を防ぐことができます。

喉の粘膜が乾燥すると、ウイルスを防御する力が衰え、風邪などの病気にかかりやすくなります。

風邪などの感染症予防としても、取り入れていただきたいのです。

乾燥している状態って?

乾燥している状態って?

乾燥肌の私は、酷い日は口周りのツッパリを感じます。

とはいえ、乾燥を感じていない方も多いのでは?

私も、自分のお肌をオイリー肌だと思っていた頃は乾燥を自覚していませんでした。

以下のお肌の乾燥しやすい部分と共に、目や鼻、喉などの状態も合わせてチェック。

目がいつもよりしばしば乾燥する、などの症状があれば、空気が乾燥している可能性が。

お肌の乾燥しやすい部分は?

  • 目元
  • おでこ
  • あご
  • 首、デコルテ、うなじ

などなど、基本的に皮膚が薄い、皮脂の分泌が少ない部分は乾燥しやすいです。

少し意識して、自分のお肌に乾燥しているところがないか確認してみてください。

場所別おすすめの加湿器

場所別おすすめの加湿器

加湿器も、今はいろんなタイプが出ています。

最近はダイソーや3coinsなどでもお手軽な価格で販売されています。

商品選びで確認してほしいのは主に

  • サイズ
  • 容量
  • 連続運転時間(電動の場合)
  • アロマオイルの使用が可能か(アロマを使用する可能性がある場合)

の4点です。

オフィスなどで使いやすい物もたくさんありますので、自分が身を置く環境に、積極的に取り入れてみてください♪

会社のデスク・在宅ワークに

USBで使える加湿器

コンパクトなタイプが多いUSB電源タイプの加湿器は、パソコンなどがあれば電源に困らないのが嬉しいポイント。

シンプル・可愛いデザインのものが多くデスクの上を邪魔しません。

また、充電可能なものもあるので、コードレスが良い場合は絞り込んで探してみるのが良いですね。

個人的に、上部に電源がついていて、下部を持ち歩ける方が給水が楽です。

気化式

気化式の加湿器は電気いらずで水さえあれば使用できます。
ミストも出ないので、オフィスで使いやすい!

水を入れて置いておくだけなんて、本当に加湿になるの? と思われるかもしれませんが、朝給水して置いているだけなのに、帰りには水が減っていて、しっかり加湿されているということがわかります。

素焼きで優しい可愛いデザインのものが多く、小物としての癒し力も抜群。

使い終わったら水をすべて出して乾かすようにしてください。

寝るとき・枕元に

アロマディフューザー

寝るとき、枕元にはアロマディフューザーを使っています。

アロマを使いたいときはアロマオイルも入れ、必要ない時は加湿器として使えます。

アロマオイルの仕様が可能な加湿器でもよいのですが、使用できないものもあるので、確認してくださいね。

リビングなどの広いスペースに

リビングなどの広いスペースには、コンセント式の大きい加湿器が◎

ピンきりですが、ニトリなどにも大きいサイズの取り扱いがあります。

大きい分お値段が張るので、実際に見て購入されるのがおすすめです。

加湿器を使おう

加湿器を使おう

乾燥が気にならない、という方もいらっしゃると思います。

私も元々は「乾燥? してないと思うけど」と呑気に構えていた方でした。

ですが、一度保湿ケアをきちんとしたり、加湿器を入れてみたりすると、今までいかに乾燥した環境で生活していたのかがわかります。

風邪やインフルエンザ、コロナウイルスも第3波がやってきて、この冬は特に体調管理に気を付けたい冬です。

お肌のためだけでなく、健康のためにも、ぜひ加湿器の使用をご検討くださいね。

タイトルとURLをコピーしました